2008年10月29日

なんかくれる人♪

1週間近く滞在した母を今朝見送り、アンちゃんとふたりの日常に戻りました。

今日から急に冷え込んできたように感じるのは気のせいかな。。


アンちゃんから見る母は、怒らず、時々果物なんかをくれる優しい人だったらしく、滞在中は私の存在よりも、母のことばかり見て、寝るときも母のお布団の上で寝てました。

毎朝、わたしが会社に行くときも、玄関への見送りすらなく、少し離れたリビングの母のそばにオスワリして見送ってくれました。

少々さみしい・・・


最後の夜のそんなふたり

IMG_9346.jpg

帰りの新幹線からのメールには『アンちゃん、今頃どうしてるかな』と。


今日は少ししんみりなわたしたち2人です。


最後の夜だった昨日、田舎で生活してる母に、たまにはエンターテイメントを、というこちらに住む叔母(母の妹)の計らいで、なんと!!『小林幸子 芸能生活45周年記念公演』に行ってきました^^

60代の母、50代の叔母、そして30代のわたし。女3人。

お芝居と歌のステージという豪華2部構成。

会場に着くまで何を観るのか知らされてなかった母。
思いのほか喜んで感激してました。

『夢のよう』『幸せ〜』『ありがと〜』を始終連発。

そして、曲名もなにもわからないけど、人間はみな1人では生きていけない。いや、1人だなんて思わないで・・・というような素敵な歌に、『妹の気持ちが嬉しい』と隣で涙する母。

こんなことで、こんなにも喜んでくれるんだな。。

その後の故郷を想う歌、親や子を想う歌の連続にわたしもなんだかじ〜んとしちゃいました。

まだまだ人生未熟者だけど、演歌の心?!ちょっと感じちゃったかも^^

わたしも齢かな〜^^


だって、2ヶ月を切ったこちらでの生活。

今までもたくさん味わってきたけど、残り2ヶ月寂しい別れがたくさん待ってますから。。

こちらでの6年の生活。

仕事をしたおかげでたくさんの知り合いもできました。

アンちゃんと暮らし始めたおかげでたっくさんのお友達もできました。


あぁ・・・2ヶ月のあいだにいくつのお別れ言わなくちゃいけないんだろぅ。。


また新しい出会いがあることを信じるしかないんだけどね。






今日もありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ←ポチッと Por favor♪



ニックネーム イスラ at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | イスラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 お母様が帰られて寂しくなりましたね私も学生の時、実家に帰省してまた学校のある大阪に飛行機した後スッゴク母が恋しくなってましたイスラさんママ、お若いですねぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
 さよならは何回しても馴れないし辛いですねでもきっと皆さん、空曇り晴れや海リゾートみたいにずっと繋がってますよ
Posted by 桃恋 at 2008年10月31日 00:41
<桃恋さんへ>
桃恋さん、ありがとうございます。
桃恋さんは、大阪で学生時代を過ごされたんですね!!
私も中・高と大阪、その後は長年京都で過ごしたんですよ。
と、話がずれましたが・・・
空や海みたいに・・・そうですね。
繋がってますね!!
ありがとうございますー。
Posted by イスラ at 2008年11月03日 12:54
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1539120
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック