2008年10月17日

会えなかったお友達へ

いつか会いたかった、会えると思っていた、アンちゃんと同い年のオトコノコのキャバちゃんが、今日逝ってしまった。

ときどき、ブログをのぞかせてもらっていたオトコノコ


どうしようもない重い病気で、3週間病気と闘い続けた。

最期は、おかあさんの腕の中で安らかに眠りについた。

オトコノコは最後の最後まで、しっかりと生き抜いたと思う。

闘病中のおかあさんの立派な行動・決断に、果たしてわたしはその時がきたら、こんな風にできるだろうか。って考え込んでしまった。

そして、一生懸命生きている姿に、わたしは何をしているんだ?!

ちょっと疲れを感じた昨日、お散歩をさぼった自分に反省。と。


オトコノコに会いたかった。会えると思っていた。

転勤族の家庭で育ったわたしは、中学・高校生時代、そのオトコノコが暮らす街で過ごした。

オトコノコがお散歩する場所は、とても懐かしいところばかりで、それも楽しみでブログ訪問していた。

今まで暮らした中で、一番懐かしく、一番歩いてみたい街。

近い将来きっと訪れよう!!と心に決めている。

もちろん、アンちゃんも一緒に。


そして、連絡を取って、了解してもらえたなら、あの懐かしい海岸をオトコノコと一緒にお散歩したい。

いや、並んでお散歩するんだって決めていた。



今日はアンちゃんと、オトコノコの話をしながら寝ようと思う。




もう、痛くも苦しくもない。


安らかにね・・・











ニックネーム イスラ at 21:55| Comment(4) | TrackBack(0) | イスラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする